top of page

​ARTWORK

「北で生きてきた」

 

制作時期:2023年8月

場所:京都府京都市 池田邸 土絵と本の家 図書館(常設)

 

この作品には、北海道・福島・京都の土など19種類が使われています。

ただ今製作中のコンセプトブックではそれぞれの場所やエピソードを記載する予定です。

10月に完成予定で、まだコンセプトはまとまっていませんが、モチーフの話を掲載します。

 

少し長いかもしれませんがメモのつもりで書きます。御殿場で描いている時にはメインのモチーフが浮かんでいませんでした。アイヌ民族のリサーチをしてきたのだし、北のテーマだからフクロウや熊でも良いかな?と思いながら、私はアイヌではないから、描くのは何か違うと躊躇していました。では東北が蝦夷の時代のモチーフとは何かな?と調べてはみても、明確な記録はありません。(きっと土着信仰の中にあるとは思いますが、しっくりこなかった)

結局決まらずに、京都にて絵の仕上げに向かう事になりました。ご依頼者さん家の近くには西本願寺の唐門があり「散歩してきたら?」と促されて見に行きましたが、やはり京都はお寺の大きさも装飾も東北ではお目にかかれない造りのものばかり。唐門の立派な沢山の装飾を見たのが印象的でした。中でも鳳凰に目が行きました。鳳凰・不死鳥とは、数百年に一度炎に飛び込んで転生することで永遠に生きると言われている伝説上の鳥で、中国での演技がいい霊獣として京都にも多々モチーフとなった美術品が沢山あります。

中国や西の威厳の象徴のイメージが強いですが、それを私は美しい装飾だと感じました。東北が蝦夷だった時代は大昔、その場所で生まれた私は京都のお寺さんを見て日本を感じ、町屋の景色に感動したり。すっかり西から来た文化と自分が混ざったのだな、と実感しました。アイヌ民族も日本人が入り込んだ事によりだいぶ変化した様に、どの国でも様々な民族や文化が混じり合って現在があるのだと、歴史を学ぶ事により理解できました。でも、変化せずに有り続けるものも存在します。それがその人自身のアイデンティティの形成に繋がるのだと思います。

 

不死鳥の事を分析すると、転生や火のエネルギーを連想するモチーフでもあります。

その事から私は、不死鳥を原発・土地のエネルギーや再生の象徴のつもりでも描きました。雪に覆われながら、その中でひっそりと生まれる不死鳥のイメージ。時を超え北の国の文化や信仰は変わりました。時に、住む土地さえ変えなければならなかったけれど、その人の中に流れるアイディンティティは炎の様に消えることはないと思います。

それは北海道アイヌ方々にお会いして、学んだ事でもありました。